fc2ブログ

かりそめ読了

今年になって122冊目の読了です。

かりそめ読了




11月13日読み始め、同14日の読了です。

図書館で借りました。



著者は渡辺淳一さん。

主人公は作家の久我雅人。

十数年ぶりに再会した梓と男女の関係に戻るときに

彼女から「あなたは悪い人だわ」と云われたのに対し、

「君を抱けるなら、悪者になってもいい」と答えた雅人。

いや~、こんな言葉を交わしてみたいものです。(笑)



と云うことで、久しぶりのドロドロ不倫系小説です。

とは云うものの渡辺先生の作品は、

立場こそ互いにパートナーがいる者同士でも

純粋な愛を求めあう、いわば純愛小説なのです。



この作品は二人以外の登場人物が出てくる場面が非常に少なく、

特に互いの戸籍上のパートナーは全く登場しない。



しかも二人の愛し合う描写も実に清楚な描写なんです。

そう云う意味では不倫小説でもなく、ましてや官能小説でもない

純粋な純愛小説と云えるのではないでしょうか。



たまには飲んだくれブロガーらしくない一面を見せたついでに・・・、

最終章にあった

「長く生きられないことを知っていたから、一生懸命生きたのですね」

と云う言葉を紹介して結びにしようと思います。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hikomaru0611

Author:hikomaru0611
お風呂とB級グルメが大好きな還暦爺がヤフーから引っ越してまいりました。
古い記事のリンクは機能していない場合がありますがご容赦願います。

最新記事
訪問者カウンター
最新コメント
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR